Translate

2017年8月2日水曜日

「ハムフェア2017」、9R-59とTX-88Aで、出展参加する

先日、ハムフェア2017の出品者説明会に於いて小間割が決定した。私のブースは、クラブブースでも企業ブースに近く、メインストリートの角地をゲットした。
ハムフェアへの出展参加は、今回で八回目だが、メインテーマとして I♥TRIO を掲げての参加は三回目となる。


今回は、半世紀以上も前、アマチュア無線機として定番だったトリオの 9R-59と TX-88Aを用意して、出展参加する。
古稀を過ぎた方々ならピンと来るが、還暦の方だと発売時には未だ幼児だった頃にベストセラーになったアマチュア無線機だ。

速攻で買った人、欲しかったが買えなかった人、カタログを眺めつつ自作に走った人など、正に悲喜交交だが、今とは違い、自他共に認めるスキルのあるラジオ少年が大勢いた時代でもあった。

以下の画像は、知人のサイトの物を拝借したが、なかなかの美品である。
自分の物は、これまで親元に放置?してあったが、最近、何十年ぶりかで日の目を見た。外観だが、塗装のハゲとかサビ、打ち傷などで痛々しいが、ブースでは、それを展示する予定だ。

9R-59
TX-88A
因みに、上は、1960年(昭和35年)発売のMW/SW通信型受信機(9R-59)、完成品 33,000円、球無しキット 18,500円。下は、翌年(昭和36年)発売のHF/50MHzマルチバンド送信機(TX-88A)、球無しキット 21,000円。
補足だが、「球無し」とは、全ての真空管を別途各自が買い揃えることの意味だ。

どちらも、当時の大卒の初任給(15,000円〜)では買えなかったにも拘わらず、いずれもベストセラーになり、トリオのアマチュア無線事業の確固たる礎を築いた製品とも言える。

ハムフェアの我がブースでは、これらの製品について語るのでは無く、これを出しに、古き良き A1/A3時代を懐かしく思い出しつつ、来場者と熱く語り合うことにある。

-----------------------------------------------------------------
トリオのことをもっと知ろう!(このブログ内のコンテンツ)
https://amateurradiofan.blogspot.jp/search/label/I%E2%99%A5TRIO


0 件のコメント:

コメントを投稿