Translate

2017年8月2日水曜日

「ハムフェア2017」、9R-59とTX-88Aで、出展参加する

先日、ハムフェア2017の出品者説明会に於いて小間割が決定した。私のブースは、クラブブースでも企業ブースに近く、メインストリートの角地をゲットした。
ハムフェアへの出展参加は、今回で八回目だが、メインテーマとして I♥TRIO を掲げての参加は三回目となる。


今回は、半世紀以上も前、アマチュア無線機として定番だったトリオの 9R-59と TX-88Aを用意して、出展参加する。
古稀を過ぎた方々ならピンと来るが、還暦の方だと発売時には未だ幼児だった頃にベストセラーになったアマチュア無線機だ。

速攻で買った人、欲しかったが買えなかった人、カタログを眺めつつ自作に走った人など、正に悲喜交交だが、今とは違い、自他共に認めるスキルのあるラジオ少年が大勢いた時代でもあった。

以下の画像は、知人のサイトの物を拝借したが、なかなかの美品である。
自分の物は、これまで親元に放置?してあったが、最近、何十年ぶりかで日の目を見た。外観だが、塗装のハゲとかサビ、打ち傷などで痛々しいが、ブースでは、それを展示する予定だ。

9R-59
TX-88A
因みに、上は、1960年(昭和35年)発売のMW/SW通信型受信機(9R-59)、完成品 33,000円、球無しキット 18,500円。下は、翌年(昭和36年)発売のHF/50MHzマルチバンド送信機(TX-88A)、球無しキット 21,000円。
補足だが、「球無し」とは、全ての真空管を別途各自が買い揃えることの意味だ。

どちらも、当時の大卒の初任給(15,000円〜)では買えなかったにも拘わらず、いずれもベストセラーになり、トリオのアマチュア無線事業の確固たる礎を築いた製品とも言える。

ハムフェアの我がブースでは、これらの製品について語るのでは無く、これを出しに、古き良き A1/A3時代を懐かしく思い出しつつ、来場者と熱く語り合うことにある。

-----------------------------------------------------------------
トリオのことをもっと知ろう!(このブログ内のコンテンツ)
https://amateurradiofan.blogspot.jp/search/label/I%E2%99%A5TRIO


2017年8月1日火曜日

「ハムフェア2017」、搬入日が一ヶ月後に迫った

毎年のことだが 「ハムフェア」が気に掛かる時期になった。
具体的に言えば「アマチュア無線フェスティバル ハムフェア2017」だが、今年は 9月2日(土)、3日(日)の二日間、東京都江東区有明の「東京ビッグサイト」西3・4ホールで開催される。


今年のキャッチフレーズは、
「科学する心・探求する心 はじめよう アマチュア無線」だ。

「青少年のニューカマーの方々やカムバックハムの皆様に芽生えたアマチュア無線に向かう好奇心を大いに刺激し、アマチュア無線の楽しさをビッグサイトで新発見していただくことを呼びかけます」 と、主催者の弁。

会場へは、西ホールの地上階から長いエスカレーターで一気に上階へ上がる。
メインゲートから、JARL関係ブース、JAIA加盟各社のブースそして企業ブースが例年通り?配置されている。しかし、これまでは、これらのブースから、右回りでクラブコーナーへ誘導されたが、今回は真逆、左回りのブース配置だ。
クラブコーナーは、一般ブースが114団体、純粋展示は83団体と昨年並みの参加が予定されている。

全国規模でのアマチュア無線に関する展示会としては最大規模だが、携帯電話やスマホなどの普及によりアマチュア無線家そのものが激減、展示会の規模は縮小している。
それでも今年で41回目、夏の終わりのイベントとして定着したが、異例の 9月開催だ。

蛇足ながら、
来年は、横浜パシフィコでの開催が決まっていて、東京ビッグサイトでのハムフェアは今年が最後かもしれない。


2017年7月31日月曜日

「魅惑の軍用無線機 第1巻」と「BCLラジオカタログ」が復刊した?

三才ブックスが1984年11月に刊行した「魅惑の軍用無線機 第1巻」と 2007年3月刊行「BCLラジオカタログ」の2冊だが、どちらも、実物は、ヤフオクなどでは、出品が少なく、値が高騰していて入手困難であるが、この度 POD で復刊を果たした。

 2冊ともオリジナル(私物)

アマゾンが行っている POD、言ってみればコピーだが、必要に応じて必要な部数を印刷・製本する書籍サービス (Print on Demand) で、この 2冊が復刊された。

当時の印刷物からスキャニングしたデータを元に POD化しているため、実際の本より誌面サイズ(印刷部分)はやや小さくなる。このため周囲に余白(表紙は黒色、中面は白色)が入り、見た目はイマイチだが、欲しい人には、とても有り難い話かも知れない。

関連リンク
・魅惑の軍用無線機(Amazon POD)
・BCLラジオカタログ(Amazon POD)

2017年7月12日水曜日

ハムフェア2017、出展者説明会が開催された

七月十二日、都内の文京区民センターで、ハムフェア2017の出品者説明会が開催された。
次第は、出展者説明会とクラブ小間割抽選会だ。
説明会そのものは、例年とほぼ同じ事の繰り返しの説明であった。


出席者の関心事は、会場のどの位置に自分たちのブースをゲット出来るか?だが、まず、希望のブースナンバーをリクエストする順番を決める為のクジ引きから始まる。説明会場へ早く到着したか?否か?は全く考慮されない。

次に、クジ引きで当てた番号順に並ぶ。
次々にアナウスされるブースナンバーに一喜一憂、自分の番が回ってくるまでは、ハラハラ、ドキドキである。
今回は、幾つかの意中のブースナンバーのヒトツをゲットし、ヤレヤレと安堵した。
全体のレイアウト図は、近々、主催者から公表されると思うが、いよいよ本番へ向けて本腰で掛かる時期が来た事を実感した。

2017年7月11日火曜日

ケンウッド、創立70周年記念モデル「TS-590SG70」を発表

ケンウッドは、設立70周年記念モデルとして、HF/ 50 MHzトランシーバー「TS-590SG70」を発表した。

「TRIO」ロゴを冠し、特別仕上げの「エレガント クリスタルブラック」を施し、フロントパネルは、黒をベースにガラスフレークを付加したクリア光沢仕上げで、「TRIO」バッジ、メインダイヤル、フロントグラス文字色にはゴールドを配している。

TS-590SG70

9月中旬より、70台限定(要予約)で発売。予約は、7月24日から9月6日までだが、恐らく注文が限定数量を超え、抽選による限定発売となるであろう。

なお、購入者特典として、70台の限定シリアルナンバーを付与と、70周年記念特製コールサインプレートを進呈とある。

しかし、60周年記念モデルでの購入者特典と比べると、余りにもチープで意気消沈した。
それでいて、価格は、240,000円(税別)

ケンウッドのニュースリリース
http://www.kenwood.com/jp/newsrelease/2017/20170711_01.html

2017年6月23日金曜日

「ハムフェア2017」、最後の東京ビッグサイト開催か?

5月中旬、日本アマチュア無線連盟へ申し込んでいた「ハムフェア2017」への出展申込みが承認され、出展参加料の請求書と出展者説明会、小間割抽選会などの開催予定が郵送されてきた。

自分としては、八回目の出展参加になり、いよいよ、今年の出展参加へ向け、本腰を入れる時期がきた。

今回は、異例の 9月 2日(土) 3日(日)の開催である。
会場は、例年通り、東京ビッグサイトだが、これまでの西1 • 2ホールではなく西3 • 4ホールになり、出展者も来場者も些か戸惑うことになりそうだ。


なお、来年の「ハムフェア2018」は、横浜パシフィコでの開催が既に決まっている。
以後、東京ビッグサイトでの開催予定だが、東京オリンピックが終了するまでは無い。建屋の増改築工事の影響?で、展示スペースが逼迫し、その先も、今のところ白紙状態らしい。

ハムフェア2017開催要項
http://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-3_Ham-Fair/

2017年6月1日木曜日

ケンウッド、創立70周年記念「TRIOモデル」発売の予感?

昨年末に創立70周年を迎えたケンウッドだが、60周年の時のことを思い返せば、今年、70周年モデルが発売されるような予感がする。
前回は、TS-2000Sをベースにした、TRIOブランドのブラックバージョンだったが、今回もそれを踏襲するのでは?
この前例を引用すれば、恐らく一ヶ月の予約期間を設け、8月末か9月上旬に抽選販売するスケジュールとなるが?
販売台数は限定70台か?。70周年に因み、当たらずとも遠からず。

ベースとなるモデルだが、TS-480は年期が経ち過ぎ? TS-990は高額過ぎるし? TS-2000に二度の出番は無い? 恐らく TS-590SGが本命かも?
今からだと、9月のハムフェア2017のケンウッドブースで初お目見えとなるのでは?

TS-590SG
なお、
上記は、専ら私個人の推量であり、JVC KENWOODが発表した物ではありません。それ故、お問い合わせなどは、ご遠慮ください。

-----------------------------------------------------------------------------------

予感が的中、7月11日、JVC KENWOODから発表があった。
http://www.kenwood.com/jp/newsrelease/2017/20170711_01.html

ケンウッド設立70周年記念モデルとして、「TRIO」ロゴを冠し70台限定発売
HF/ 50 MHzトランシーバー「TS-590SG70」を発売

2017年5月17日水曜日

ケンウッド、TH-D74のファームウェアをアップデート

ケンウッドは、2017年05月17日付けで、TH-D74のファームウェアのアップデート情報(Ver.1.06)を同社のホームページに掲載した。


詳細は、このURLをクリックすると読める。
http://www.kenwood.com/jp/faq/com/th_d74/

2017年4月10日月曜日

ケンウッドから、新スプリアス規格対応と免許手続きについて

ケンウッドは、同社が販売したアマチュア無線機に於ける、新スプリアス規格対応と免許手続きについてホームページに掲載した。

2007年12月1日以降免許等を申請する場合、無線設備は、原則として新スプリアス規格に適合する必要があります。旧スプリアス規格での無線設備の運用は、2022年11月30日までとなります。(平成17年総務省令119号)

詳細は、以下のURLに掲載されている。
http://www.kenwood.com/jp/products/amateur/kouji/spurious.html

ケンウッド、TH-D74のレピーターリストをアップデート

ケンウッドは、2017年4月7日付けで、TH-D74のレピーターリストのアップデート情報(Ver.20170401)を同社のホームページに掲載した。


詳細は、この URLをクリックすると読める。
http://www.kenwood.com/jp/faq/com/th_d74/

2017年3月5日日曜日

ハムフェア2017、併設の自作品コンテスト作品募集の告知

JARL(日本アマチュア無線連盟)発行の「JARLメールマガジン」電子版によると、ハムフェア2017自作品コンテストの作品募集を3月中旬から開始とある。
今年も東京都江東区有明の東京ビッグサイトで開催される、アマチュア無線フェスティバル「ハムフェア2017」の開催に合わせて、自作品コンテストが開催される訳だ。


参加部門
(1)規定部門
「アンテナ調整用機器(アナライザ含む)」
(2)自由部門(小・中学生の応募は次の2になる)
 1. 一般の人の応募は、アマチュア無線に関する機器などとする。
 2. 小・中学生が自由部門に応募する場合は「電子工作機器」を対象とする。

応募期間
2017年3月中旬〜5月8日(月)(郵送の場合は消印有効)

応募・問い合せ先
〒170-8073東京都豊島区南大塚3-43-1 大塚HTビル6階
 一般社団法人日本アマチュア無線連盟[ハムフェア2017自作品コンテスト」係
 TEL 03-3988-8754、FAX 03-3988-8772 E-mail:lab@jarl.org

2017年3月1日水曜日

ケンウッド、TH-D74のレピーターリストをアップデート

ケンウッドは、2017年2月22日付けで、TH-D74のレピーターリストのアップデート情報(Ver. 20170219)を同社のホームページに掲載した。
同時に、
●ファームウェアを Ver.1.05にアップデートした。
●周波数コントロールプログラム ARFC-D74を、Ver.1.01にアップデートした。



詳細は、この URLをクリックすると読める。
http://www.kenwood.com/jp/faq/com/th_d74/

ケンウッド、TS-480シリーズのファームウェアをアップデート

ケンウッドは、2017年2月22日付けで、TS-480HX/SAT/DAT/VATのファームウェアのアップデート情報を同社のホームページに掲載した。
●ファームウェアを Ver.1.07にアップデートした。
同時に、
●リモートコントロール用プログラム MCP-D74 を Ver.1.02にアップデートした。


詳細は、この URLをクリックすると読める。
http://www.kenwood.com/jp/faq/com/ts_480/

2017年2月15日水曜日

ケンウッド、TH-D74のレピーターリストをアップデート

ケンウッドは、2017年2月6日付けで、TH-D74のレピーターリストのアップデート情報(Ver. 20170204)を同社のホームページに掲載した。


詳細は、このURLをクリックすると読める。
http://www.kenwood.com/jp/products/amateur/handy/th_d74/rpt_list_j.html

2017年1月8日日曜日

"Time Machine" のお陰でデータは丸々復活した

"Time Machine" って聞けば、即座に SF や VR の世界や、もっと身近で言えば、時空を超えて飛ぶアメ車、デロリアンが登場する映画 "Back to the Future" を思い浮べるかもしれない。

今回、ここで登場するのは、デロリアンではなく、アップル製のパソコン "MacBook Pro" や "iMac" などに常駐するバックアップアプリ、その名も "Time Machine" である。

"Time Machine" のアイコン

"Time Machine" は、アップル製のパソコン "MacBook Pro"や "iMac"などの内蔵ハードディスクにある、全てのファイルを外付けハードドライブにバックアップするので、後日、ファイルを復元したり、過去のファイルの状態を確認したりできる。

"Time Machine" を使ってバックアップを作成するには、外付けのハードディスクを USB とか FireWire などで接続すればよい。

最初の画面で、通常の外付けハードディスクにするか?それともバックアップディスクにするか?を選択するだけ。その設定が終わると、Time Machine は、

 過去 24 時間分の毎時間のバックアップ、
 過去 1 か月分の毎日のバックアップ、
 過去の全ての月の 1 週間ごとのバックアップを自動的に作成する。

バックアップドライブの容量が一杯になると、一番古いバックアップが削除される。
次回の自動バックアップを待たずに、すぐにバックアップを作成するには、メニューから「今すぐバックアップを作成」を選択する。

普段、この外付けハードディスクにはノータッチだ。

それでいて、1時間ごとに、忠実にバックアップを続けてくれる。
つまり、本体に異常があり、データを最新の状態へ戻す時に、初めて、それまでに蓄えたデータが本領を発揮し、本体のデータを書き直してくれる訳だ。

正に手間いらずの助っ人である。

自分も、先月の後半に、MacBook Pro の OS のアップデートに失敗し、データを全て失った。再構築のため、システムもアプリケーションも一切合切を再インストールするはめになった。

本来なら、おお事であったが、この "Time Machine" のお陰で、データが短時間に楽々と完全復活を果たした。

手元の "MacBook Pro" の内蔵ハードディスクは 750GB だから、"Time Machine" 用のハードディスクは 1TB で十分だ。1万円もしないし、マックユーザなら、イザと言う時の保険として、絶対お奨めできる代物だ。