Translate

2016年10月31日月曜日

ケンウッド、TH-D74、TM-D710G/GS、TM-D710/S、RC-D710、TH-D72のファームウェアをアップデート

ケンウッドは、同社のアマチュア無線機器の登録ユーザーへ、サポート情報を配信した。
ファームウェアの更新情報で、対象機種は、TH-D74、TM-D710G/GS、TM-D710/S、RC-D710、TH-D72 である。
2016年10月31日付けの更新で、下記サイトよりダウンロードし、ファームウェアのアップデートを推奨している。


以下、その詳細である。

------------------------------------------------------------------
■対象機種
 TH-D74 (Ver.1.03 → Ver.1.04)
 
■更新内容

1. DV/DRモードで送受信動作が不安定になる場合がある不具合を修正しました。

2. DV/DRモードでNMEAセンテンス(GPSデータ)が正しく送信されない場合がある不具合を修正しました。

3. DV/DRモードで「ATT」表示が点灯しない不具合を修正しました。

4. メモリースキャンが正しく動作しない場合がある不具合を修正しました。

5. スキャンロックを設定したメモリーチャンネルが呼び出せない場合がある
  不具合を修正しました。

下記のページにて詳細をご確認いただき、ファームウェアアップデートプログラムをダウンロードしてください。

▼▼ TH-D74 サポート情報ページ ▼▼
http://www.kenwood.com/jp/faq/com/th_d74/?ad=oml161031

------------------------------------------------------------------
■対象機種
 TM-D710G/GS (Ver.1.01 → Ver.1.02)
 
■更新内容
1. 機種名"TH-D74"の表示(弊社製TH-D74からの位置情報パケットを受信した場合)機種名"FT2D"の表示(八重洲無線株式会社製 FT2Dからの位置情報パケットを受信した場合)、および機種名"FTM-100D"の表示(八重洲無線株式会社製FTM-100D/Hからの位置情報パケットを受信した場合)に対応しました。

下記のページにて詳細をご確認いただき、ファームウェアアップデートプログラムをダウンロードしてください。

▼▼ TM-D710G/GS サポート情報ページ ▼▼
http://www.kenwood.com/jp/faq/com/tm_d710gs/?ad=oml161031

------------------------------------------------------------------
■対象機種
 TM-D710/S (Ver.2.12 → Ver.2.13)

■更新内容

1. 機種名"TH-D74"の表示(弊社製TH-D74からの位置情報パケットを受信した場合)、機種名"FT2D"の表示(八重洲無線株式会社製 FT2Dからの位置情報パケットを受信した場合)、および機種名"FTM-100D"の表示(八重洲無線株式会社製FTM-100D/Hからの位置情報パケットを受信した場合)に対応しました。

下記のページにて詳細をご確認いただき、ファームウェアアップデートプログラムをダウンロードしてください。
 
▼▼ TM-D710/S サポート情報ページ ▼▼
http://www.kenwood.com/jp/faq/com/tm_d710s/?ad=oml161031

------------------------------------------------------------------
 RC-D710 (Ver.2.12 → Ver.2.13)
 
■更新内容

1. 機種名"TH-D74"の表示(弊社製TH-D74からの位置情報パケットを受信した場合)、機種名"FT2D"の表示(八重洲無線株式会社製 FT2Dからの位置情報パケットを受信した場合)、および機種名"FTM-100D"の表示(八重洲無線株式会社製FTM-100D/Hからの位置情報パケットを受信した場合)に対応しました。

下記のページにて詳細をご確認いただき、ファームウェアアップデートプログラムをダウンロードしてください。

▼▼ RC-D710 サポート情報ページ ▼▼
http://www.kenwood.com/jp/faq/com/rc_d710/?ad=oml161031

------------------------------------------------------------------
■対象機種
 TH-D72 (Ver.1.07 → Ver.1.08)
 
■更新内容

1. 機種名"TH-D74"の表示(弊社製TH-D74からの位置情報パケットを受信した場合)、機種名"FT2D"の表示(八重洲無線株式会社製 FT2Dからの位置情報パケットを受信した場合)、および機種名"FTM-100D"の表示(八重洲無線株式会社製FTM-100D/Hからの位置情報パケットを受信した場合)に対応しました。


下記のページにて詳細をご確認いただき、ファームウェアアップデートプログラムをダウンロードしてください。

▼▼ TH-D72 サポート情報ページ ▼▼
http://www.kenwood.com/jp/faq/com/th_d72/?ad=oml161031

2016年10月18日火曜日

JVCケンウッド、安藤 梢選手とアドバイザリー契約を締結

安藤 梢選手、JVC KWDのHPから転載
JVCケンウッドのニュースリリースによると、
なでしこジャパンでは FW、ドイツ女子サッカー・ブンデスリーガ SGSエッセンに所属する安藤 梢選手とスポーツコーチングカメラソリューションやスポーツ対応ヘッドホンなど、スポーツ分野での商品開発に関するアドバイザリー契約を締結したと広報している。

単なる、スポンサー契約では無く、JVC KWDが展開するスポーツコーチングカメラソリューションを、所属チームでの練習や日頃の研究活動に活用してもらい、そのフィードバックを今後のさらなるソリューション開発に生かすことで、安藤選手の活動をバックアップしていく。
また、今後発売するスポーツ分野向けソリューションやプロダクツ事業のスポーツ関連商品のプロモーション活動での起用なども検討していくとある。

2016年10月11日火曜日

JVCケンウッド、マクラーレンF1チームとのオフィシャル・サプライヤー契約が25周年に

JVCケンウッドのニュースリリースによると、
マクラーレンF1チームと無線システムの供給に関するオフィシャル・サプライヤーだが、三重県の鈴鹿サーキットで開催の日本グランプリ決勝(10月9日)において、同チームへの無線システムの供給が25周年の節目を迎えたとある。


1991年、マクラーレンF1チームと当時のケンウッドは、オフィシャル・サプライヤー契約を締結し、同年、鈴鹿サーキットで開催された日本グランプリにおいてKENWOODブランドの無線システムを初めて供給した。

それ以来、グランプリレースの期間中、ドライバーとチームスタッフの間で重要なコミュニケーションを行う際に使用される信頼性の高い無線システムとして供給するとともに、専任技術スタッフがチームに帯同し、全面的なサポートを行ってきた。

ケンウッドの無線システムは、音声の秘匿化やノイズの低減といった特長とともに、レース中の120dBを超える強烈な騒音下でも、チーム内における正確なコミュニケーションを可能にした。

技術力が厳しく試される世界最高峰のモータースポーツにおいて、これまで培ってきたケンウッドの無線システムに関する経験と知見を以て、信頼性の高い音声通信をマクラーレンF1チームに提供していくとしている。