Translate

2016年3月19日土曜日

新鮮さが全く感じられない「なつかしBCL大全」

秋葉原へ出掛けたついでに立ち寄った書店で、この「なつかしBCL大全」に気付いた。
過去に「BCL」に凝った時代があったが、ソニーの ICF-2001を最後に、このジャンルから遠ざかり、今は同じソニーの ICF-SW7600GRが座右にあるが、ラジオ代わりで出番は無い。
BCL、いわゆる短波放送の受信だが、主に海外から日本向けに送信される日本語放送プログラムを受信しようとする趣味である。
そのブームは、1980年頃をピークに前後五年ほどであったが、ソニーと松下の二大家電メーカーが凌ぎを削り、短波放送受信用としては、かって無いほど素晴らしい性能のラジオが幾つも世に出た。

このブームに熱狂した往時の若者達も、既に還暦を過ぎ、「BCL」の文字に往時を懐かしく思い出すかも知れない。
しかし、現在のインターネットをはじめとする情報化社会に於いて、短波放送局は次々と閉局し、このBCLブームの再来は無いと言って過言では無いだろう。

「なつかしBCL大全」も、そんな世代を対象に出版されたのであろうが、版元を知る者には、「またか・・」の言葉が口を突いて出そうになる。
つまり、「なつかしBCL大全」は、これまでの「BCL」をタイトルとした企画本の使い回しで、それも一回や二回では無いことがパラパラとページを繰っただけで分かる。今回は、山田耕嗣コレクションのCDが付いていたが、今さら格別に嬉しくも無い。

三十数年前のブームの時の事を、繰り返し回顧して居るだけで、内容的には、省く事が有っても、付け足す事は既に無い。

過去を辿れば、2007年に発刊の「BCLラジオカタログ」は秀逸、2012年の「BCLラジオカタログ完全保存版」も同様に見栄えが良い。ジャンルは違うが、2012年発刊の「アマチュア無線機コレクションFT-101の時代」も出来映えがなかなか素晴らしい。

今回の「なつかしBCL大全」は、既刊の「BCLラジオカタログ」や「BCLラジオカタログ完全保存版」などのパクリと言うか?正にデッドコピー的で、目新しい事は無い。

これらの三冊はA4サイズだが、「なつかしBCL大全」はB5と小振りの版面になり、フルカラーにしては色鮮やかさに欠け、特に表紙は製版ミスか?最悪だ。これまでが素晴らしかった事もあり、チープさだけが際だって感じられる。

この手のモノは、直ぐコレクションに仕勝ちだが、既刊を持っていれば、書店での立ち読みで十分、敢えて買う必要も無いだろう。

2016年3月15日火曜日

リニアアンプ TL-933 の修理対応終了の告知

3月15日付けの「My-Kenwood」 製品オーナーズメルマガで、
「リニアアンプ TL-933の修理対応終了について」の告知がなされた。

詳細は以下、

お客様各位
日頃より、弊社製品をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
弊社が2001年8月から2008年6月まで販売しておりましたHF/50MHz 1kW リニアアンプ TL-933 は、販売終了後長期間が経過していることから保守部品の調達・修理が困難な状況となってまいりました。
つきましては、2017年12月15日をもちましてTL-933 の修理受付(調整・点検等も含む)を終了させていただきます。
なお、部品の在庫状況等によっては期日以前に対応を終了させていただく場合もございますのであらかじめご了承ください。
皆様のご愛顧に対し改めて厚く御礼申し上げますとともに、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

JVCケンウッドカスタマーサポートセンター

2016年3月5日土曜日

「ハムフェア2016」、出展参加要項が届いた


昨日着信のJARLメールマガジン第243号(2016年3月4日号)によると、

日本のアマチュア無線界最大のイベント、アマチュア無線フェスティバル「ハムフェア2016」は、2016年8月20日(土)・21日(日)、東京都江東区の東京ビッグサイトで開催されます。

JARLでは、出展団体の募集を3月中旬〜5月2日までおこないます(郵送の場合は当日消印を有効とします)。

2015年の出展者には、近日中に募集要項をお送りしますが、新たに出展を希望される方は、FAXまたはハガキに「出展資料希望」と記入し、資料の送り先の、(1)郵便番号・住所・氏名、(2)団体名、(3)電話番号を併記してご請求ください・・・云々とあった。


いよいよだなと思っていたが、
今日、「ハムフェア2016」出展参加要項がJARLから郵送されて来た。

今回のキャッチフレーズは「ハムフェア40周年 アマチュア無線で遊ぼう!!」だ。

昨年までに六回の出展参加、そろそろ観る側へ鞍替えしようかと思っているが、締切までには、まだ間があるのでジックリと考えたい。

追記
出展参加要項は、基本的には前回と同様だが、一項目が追加された。
恐らく、アマチュア無線とは程遠い、護憲とか風俗とかを暗示するような出展が以前から有る事での成文化だと思われる。
以下がそれだ。

出展条件に、(1)申込みの出展内容が、アマチュア無線フェスティバルの開催趣旨と異なり、政治・宗教活動と見られるものやそれに準じるもの、公序良俗に反する場合は、出展出来ません。


ハムフェア2016に出展参加、コンセプトは「古き良きA1/A3時代を熱く語ろう」