Translate

2006年10月26日木曜日

巣鴨と言えば、お地蔵さん?いえいえCQ出版社があるところ

巣鴨と言えば「お婆ちゃんの原宿」とまで言われる、高岩寺のとげ抜き地蔵のあるところですが、私には古くから馴染みのある「CQ出版社」があるところです。
過日、用事がありCQ出版社へ行ってきました。JR
山手線巣鴨駅から徒歩五分くらいのところですが、夜はネオンが眩しい土地柄のところを横切るようにして辿り着きます。CQビルは、皆さんが想像するより遙かにこぢんまりした建物で、ややもすると通り過ぎてしまう恐れもあります。

左手前が販売部、右隣がCQ出版社ビル

CQ出版社はアマチュア無線の専門誌である 月刊「CQ ham radio」やエレクトロニクス関連のエンジニアなら一度は手にしたことのある月刊「トランジスタ技術」を二大看板にしている出版社です。

CQ ham radio誌
トランジスタ技術誌
















 
 
 

CQ出版の書籍の直売所
CQビル(トラ技編集部や制作部が居る)
 玄関内には新刊書や主な出版物を展示
上を見上げるとアマチュア無線のアンテナ
三十年来のお付き合いがあるCQ編集部の方に相談事があり、久々出かけました。この春まではCQビルの方に「CQ ham radio」の編集部があったのですが、手狭な為か?ハムフェアの後くらいに、100mほど離れたビルに移転しています。ですから、敷地内の壁にある社名のプレートを見逃すと、この辺は静かな住宅地のため人影も少なく、暫し周辺をウロウロすることになります。
 
少し離れたビルにCQ編集部と経理部が入居
何年か前まではCQ出版社へ来るたびにアマチュア無線の交信証を転送して貰うため、こちらの日本アマチュア無線連盟(JARL)へも寄りました。しかし、最近は年に一度だけ会費を直接納付するため行くくらいしか用事が無くなりました。

近くにある日本アマチュア無線連盟のビル
一階がショールーム

2006年10月23日月曜日

オシロスコープ を買おうか、思案しながら秋葉原へ  その4

デジタルオシロスコープを製造販売しているメーカは国内でも指折り数えるほどありますが、今回は検討の対象外と最初から決めていました。
私とアナログオシロスコープとの付き合いは四十年もありますが、デジタルオシロスコープとは現役時代に何年か?あっただけ。それも今から思えば随分めんどうな操作もあり、それでいて今のモノより機能も性能もかなり差があって、当時の経験や知識も役立たずと思っています。

テクトロニクスのデジタルオシロスコープ

こんな時には迷わず、メジャーを選択するのが正解だと思います。オシロスコープのジャンルで言えば、一にも二にも米国のテクトロニクスでしょう。
日本では数年前まで、ソニーとの合弁会社として、ソニーテクトロニクスと名乗りご存じの方も多いと思いますが、今は、合弁を解消し日本テクトロニクスと名を変えています。

テクトロニクスのデジタルオシロスコープもピンからキリまでありますが、一介のアマチュアが買えるのは精々 「TDS1000BシリーズとTDS2000Bシリーズ」の中からです。

テクトロニクスでは「デジタル・ストレージ・オシロスコープ」とネーミングしていて、通称は頭文字をとって「DSO」と呼ばれています。しかし読みが長いので、日本では「DSO」または「デジタルオシロスコープ」と略して呼ばれることが多いようです。

前置きが長くなりましたが、「TDS1000Bシリーズ」は、液晶ディスプレイがモノクロタイプで価格は 104,000円 / 124,000円 / 155,000円の三機種です。「TDS2000Bシリーズ」は、液晶ディスプレイがカラータイプで価格は 155,000円 / 187,000円 / 187,000円 / 227,000円 / 227,000円 / 278,000円の六機種です。

カタログからの抜粋

基本的な機能と性能は共通で、主な仕様は上のチャートにあるように、

■チャンネル数が2チャンネルと4チャンネル
■周波数帯域が40MHzから200MHz
■サンプルレートが500MS/sから2GS/s
■ディスプレーがモノクロとカラー

共通仕様では、
■USBデバイス・ポートにより、パソコンやPictBridge互換のプリンタ接続が可能
■USBホスト・ポートにより、スクリーンショットや波形データをUSBメモリに保存可能

40MHz, 500MS/s, モノクロディスプレイ
なども、私にとっては魅力的な機能です。その他、「ライフタイム・ワランティ」が付加されていて、製品は10年以上保証され、ライフタイム中は交換部品代と修理手数料は無料となっているようです。

それで、今のところ一番安い、40MHz, 500MS/s, モノクロディスプレイの「TDS1001B」をターゲットにしました。価格は 109,200円(税込)で、アキバでは型落ちの26型薄型カラーテレビが買えそうです。今月中に店頭で実物を再度確かめてから最終決定をしたいと考え中です。

2006年10月20日金曜日

秋葉原駅前に高級?有料トイレ「オアシス@akiba」がオープン

JR秋葉原駅の東側、昨年開店したヨドバシの真正面に地元の千代田区が運営する有料トイレ「オアシス@akiba」がオープンしました。オープニングセレモニーには千代田区長が訪れ、テープカットなどが行なわれたとか・・・
左が無料の喫煙スペース、右が有料のトイレ
ここには係員が常駐し、有料トイレのほか無料の喫煙スペース「SMOKER'S STYLE」やパソコンもある情報案内コーナーが併設されています。
男性用と女性用トイレの利用料は1回100円で硬貨を入れるか電子マネー「Suica」をかざすと、入口の自動ドアが開く仕組みで、小学生以下、身体障害者は無料だそうです。

利用時間は7時から22時までで年中無休。有料ということでトイレは高級感があり、ホテル並みかそれ以上のグレードの高さを維持しているとPRしていますが、そのうち体験?してきたいと思っています。

有料トイレの前にあるヨドバシ・アキバ

2006年10月19日木曜日

オシロスコープ を買おうか、思案しながら秋葉原へ  その3

秋葉原へデジタルオシロスコープを下見に行った訳ですが、それ以前、既に意中のモデルを決めていました。

それは、今月の初めに幕張メッセで開催された「CEATEC JAPAN 2006」へ行ったことに始まります。「CEATEC JAPAN 2006」は、アジア最大級の規模を誇る映像・情報・通信の国際展示会。国内および海外を代表するIT&エレクトロニクスの関連企業および団体が参加し、時代の先端を行く最新技術や製品が発表されデモンストレーションも随所で行われていました。

CEATEC JAPAN/ SHARP

CEATEC JAPAN/ SONY

CEATEC JAPAN/ PANASONIC

このCEATEC JAPANは幕張メッセのホール1からホール8までの全てが展示に使用されとても一日では見て回れないほどの規模でした。私は「ホーム&パーソナルゾーン」と「計測・試験・製造装置ゾーン」を重点的に見て回りました。

広くて混雑した会場を行きつ戻りつしているうちに「計測・試験・製造装置ゾーン」で、久しぶりにオシロスコープでは世界ナンバーワンの「テクトロニクス」のブース前に出ました。予備知識はありましたが、一見して昔とは大違いの展示ディスプレーです。

オシロスコープでは常に先進的な役割を果たしているテクトロニクスですが、主力製品のアナログオシロスコープの製造販売を十年ほど前にキッパリと断ち、デジタルオシロスコープへ転換しました。恐らく、その当時の技術やキーパーツであるブラウン管の性能をもってしても、それ以上の改良改善をアナログ手法では為し得ないと判断したためと思われます。

それ故、以後はデジタルオシロスコープの開発に邁進し、今日では当時に比べれば驚くほどコストパフォーマンスに優れた製品が誕生しています。もはやアナログオシロスコープとの価格差を云々する時期ではなく、オシロスコープの完全デジタル化は目前との印象でした。

早速、ブースに近づきコンパクトなデジタルオシロスコープを操作してみて、その簡単さに独り感心していました。間を置かずに、ブースのアテンダントが近づいてきて補足的な説明をしてくれました。私も普段からあまり理解出来ていなかった幾つかを質問してみましたが、即座に、なかなか明解な答が返ってきて納得しました。

一番安いモノでは十万円を少し超える程度、個人でも買えそうな価格設定で何となく食指が動きました。その場でカタログなども貰って改めて読み返し「良くできてる・・・」と、独り頷きました。

テクトロニクスのデジタルオシロスコープ

こんな予備知識を持ちつつ秋葉原の販売店へ行った訳ですが、意中のモデルをジッと見つめる私に、「デジタルオシロスコープをお探しですか?」っと、背後から店員が特徴などの説明を始めました。概ね内容は理解しているので軽く頷きながら聴き入っていました。

このデジタルオシロスコープは、普及品から高級品までシリーズ化されていて、周波数帯域で選べば100メガクラスが適当と思っていますが。懐具合との相談では、今回はもっぱらパーソナルユースに限定されるため40メガのモノが精一杯でしょう。

そこで、更に具体的なスペックに付いてひとつひとつ確認してみることにしました。

2006年10月18日水曜日

オシロスコープ を買おうか、思案しながら秋葉原へ  その2

実を言うと、オシロスコープには昔からあるアナログオシロスコープと最近急速に普及し始めたデジタルオシロスコープの二つが存在します。

つい最近までオシロスコープと言えば、「時間の経過と共に電気信号(電圧)が変化していく様子をリアルタイムでブラウン管に描かせ、目では見ることのできない電気信号の変化していく様子を観測できるようにした波形測定器」と、私はことある毎に説明していました。

しかし、「地デジ」の様な言葉を毎日見聞きするような時代で、オシロスコープにもデジタル化の波は否応もなくやって来ました。原理的には何十年も前からありましたが、それを具現化する技術や素子の安定的な供給が出来るようになってきたのはつい最近のことです。

それで、デジタルオシロスコープと言われるモノは、「測定信号を一度デジタル化して、メモリに記憶させた後、再びアナログに戻して、アナログオシロスコープと同じようにブラウン管に波形として表示する波形測定器」です。
デジタル化することで、アナログオシロスコープには無い特徴として、信号を記憶するので、単発信号や、過渡現象も鮮明に観測することができる訳です。

しかし、記憶できる信号の長さがメモリによって制限されたり、アナログからデジタル変換に伴い一部に於いて正しく波形を再現出来ないこともあり、絶対的にアナログオシロスコープより優位であるとは言い切れないところもあります。

ですが、その多くの課題もこれからの技術革新のなかで改善が期待され、アナログオシロスコープの多くはいずれこのデジタルオシロスコープに取って代わっていくと思われます。

東洋計測器 本店

前置きが長くなりましたが、この東洋計測器本店にもアナログオシロスコープもデジタルオシロスコープも数多く展示されていました。

今回はデジタルオシロスコープを下見に行った訳ですが、既に意中のモデルを決めていました。店の奥に入ると、一番目立つところにそれは展示されていました。



コメント(アーカイブ)

こんばんは。頂き物ですがアナログのオシロ持ってます。昔みたデジタルのは拡大すると波形がギザギザでしたが最近のは綺麗なのでしょうね。次回楽しみにしています。
Posted by  おーにゃん at 2006.10.18 20:49:01
----------------------------------------------------------------

だいぶ前からこのブログをご覧頂いている方々はご承知の事と思われますが、私はマッキントッシュを使い始めてから既に十五年ほどが経ちました。その数は、家族の分も含め新旧合わせると両の手では数えられなくなりました。それでもマックファンはPCファンの数%のマイノリティです。私はそれなりのオシロスコープを持っていますが、個人で所有されている方はそれ以上の超マイノリティかも知れませんね。皆さんご家庭でどの様に活用されているのか興味のあるところです。
手元にある音楽CDをプレイバックすると、今や10kHz位しか周波数レスポンスのない我が耳には超HiFiで聴こえます。しかし、考えてみれば、そのサンプリング周波数は44.1kHzですから再生出来る上限は22.05kHzまで、音楽家や耳の肥えた人にはもっと高い周波数まで聴こえるそうですからHiFiとは言えないようです。
デジタルオシロスコープでも、ギザギザがダメで、補間された滑らかな曲線ならOKなのか?所詮は点々の繋がりを人間がどう判断するかだと思うのですが・・・デジタルオシロスコープの永遠のテーマではないでしょうか。
Posted by  BlueMac at 2006.10.19 10:22:56
----------------------------------------------------------------

2006年10月17日火曜日

オシロスコープ を買おうか、思案しながら秋葉原へ  その1

このブログに以前からアクセス頂いている方々は何となくお分かりかと思いますが、オシロスコープって、知ってる人は少ないと思います。私は今、そんなオシロスコープを買おうかと思案している最中です。
オシロスコープとは、時間の経過と共に電気信号(電圧)が変化していく様子をリアルタイムでブラウン管に描かせ、目では見ることのできない電気信号の変化していく様子を観測できるようにした波形測定器です。
オシロスコープ (Oscilloscope)

このブラウン管は、ドイツ人のブラウン(Karl Ferdinand Braun)が、大学の学生に電流の波形を見せるための教材として1897年に試作した陰極線管(Cathode Ray Tube)が原型とされています。

余談ですが、「ブラウン管」ってカタカナ言葉ですが、外来語ではなく日本語なんです。海外では、Picture TubeとかCRT(Cathode Ray Tubeの略)と呼ばれるのが一般的と聞いています。

現在、液晶やプラズマディスプレイに取って代わっていますが、それまでテレビジョンに使われているブラウン管は、オシロスコープのものとは仕組みが異なりますが、ルーツを遡れば同じ所へ行き着きます。

オシロスコープは、このブラウン管上の輝点の動きの速さや振れの大きさを測ることで、間接的に電気信号の電圧の時間的変化を簡単に測ることができます。

ですから、測定しようとする現象が電圧の形に変換できれば、電気信号の変化だけでなく、温度、湿度、速度、圧力・・・・など、色々な現象の変化量を測ることができます。
また、メータ類と大きく異なるところは、単にその電圧の平均的な値を測るためのものではなく、電圧が変化していく様子を時々刻々と目で追いかけたり、突発的に発生する現象も捉えることができます。

しかも、非常に高い周波数の電気信号の変化もブラウン管に描くことが可能で、エレクトロニクス分野のエンジニアには必携の波形測定器として重宝がられています。

そんな訳で、エレキに拘わるエンジニアはもちろんのことアマチュアの方まで是非とも使いたい測定器であって、また、これなくしては何も出来ないと言っても過言ではありません。

それで、まず下見にと秋葉原へ出かけました。
いま流行のデジタル家電なら何処で買おうか迷うほどですが、オシロスコープとなるとアキバでも実物が常時展示されているのは、JR秋葉原駅を出て直ぐそばのラジオストアーにある東洋計測器と中央通りを渡った向こう側にあるラジオデパートの地下の東映無線くらいでしょうか?韓国や台湾、中国製のモノであれば電子部品販売店の幾つかで見る事も出来ます。

東洋計測器、新品と中古、特にリース終了品が多い
歴史に残るオシロスコープも展示されている
しかし、電子測定器と言う、モノがモノだけに、後々の事も考えるとキチッとした店で購入する方が心配が少ないでしょう。
それで、アキバで中古と新品を併せて一番展示数の多い、神田川に架かる昌平橋に近い、東洋計測器本店へ出かけました。ここはどちらかと言えば法人相手のビジネスが多いようですが、もちろんマニアもアマチュアもウエルカムです。

2006年10月15日日曜日

何とCQ ham radioのバックナンバーが二万円・・・

久しぶりに神田神保町へ出かけました。
毎年恒例の神田古本まつりは月末のことで、週末でしたが、それほどの人出ではありませんでした。

何時も、都営地下鉄三田線の神保町駅で下車し、神保町交差点へ出て靖国通りを小川町、淡路町の方向へ神田神保町の古書店街を行きつ戻りつします。

今日も同じコースを辿っていたところ、ある古書店の入口に何とCQ ham radioのバックナンバーが山と積まれているのに遭遇しました。

数冊程度が棚にあるのは時々見受けましたが、これほどの冊数がまとまっているのを見たのは初めてです。

近づいて見ると1986年1月号から1993年12月号までの八年分が一年分ずつ束ねられ積まれていました。

思えば、この時期はバブル時期と重なりアマチュア無線人口も右肩上がりの増え方でした。
それに呼応するようにこのCQ ham radioも本文を挟んで広告ページが延々と続き半分以上が広告ページで占められ、現在の二倍もの厚みがありました。

締めて九十六冊で二万円とは・・・買うよりまず、置く場所の心配をする必要がありそうです。

2006年10月11日水曜日

UHFトランシーバーの電波の飛びがイマイチ良くない様に感じていて

電子工作やアマチュア無線をやっている人なら必ず持っている測定器はテスターと相場が決まっています。では、アマチュア無線家がこのテスターの次に買うと思われる測定器は?・・・おそらくSWR/パワー計ではないでしょうか。

このSWR/パワー計は、送信機から出た電波が効率良くアンテナから放射されているかをモニターする測定器です。また、アンテナの長さや間隔、高さなどの諸元を加減してアンテナと送信機との整合をはかる為にも用いられます。
超短波帯専用のSWR/パワー計

それ故、アマチュア無線局の運用時には必ずこのSWR/パワー計のご厄介になっていると言って過言ではありません。

私も、自宅のUHFトランシーバーの電波の飛びがイマイチ良くない様に感じていて、少し前から、このトランシーバー専用にSWR/パワー計の必要性を感じ始めました。

SWR/パワー計は、短波帯から超短波帯までカバーしたモノから、超短波帯に限定したモノまで色々な種類があり、価格的にも大きな開きがあります。

秋葉原のアマチュア無線機器の取扱店「ロケット」へ行き、幾つかを見比べてから、今回は144/430MHz帯用で、掌に載るコンパクトなSWR/パワー計を買いました。予定していたより少し高めで 6,040円でした。

本来なら両端にM型プラグが付いた30cmほどの同軸ケーブルが必要になりますが、送信機に直付けにするためM型プラグが背中合わせになったようなプラグも同時に購入しました。

帰宅して、即座に送信機とアンテナの間に接続して測定してみたところ、意外や意外で・・・